中古の軽自動車はコスパ最強?普通乗用車と費用面での違い

安く車に乗りたいなら中古の軽自動車がおすすめ

軽自動車を購入するメリット

  • 燃費がいい
  • 任意保険の料金が安い
  • 税金が普通乗用車より安い
  • 高速道路の利用料が安い
  • 登録時に必要な書類が少ない
  • 小回りが効く
  • 街乗りに最適
  • 小さい駐車場でも入る

中古の軽自動車はコスパ最強?普通乗用車と費用面での違い

レディ

軽自動車は維持費が安い

軽自動車を購入される方の多くが、維持費の安さから購入を決めているでしょう。車が走るために必要なガソリンの消費量が少ないです。最近の軽自動車は、リッター30キロ走るのが当たり前になりつつあります。燃費がいいと言えば、ハイブリッド車もそうですが、車両自体の価格が高くなっているので元を取るのは難しいでしょう。

税金や保険が安い

安くなるのは、ガソリン代だけではありません。軽自動車は、自動車税が普通乗用車と比べると、2万円以上の差があります。毎年払うものなので、2万円の差はとても大きいです。また、任意保険も同じくらいの差があります。同じ条件で保険を組んだ場合は、軽自動車の方が2万円ほど安くなります。こちらも定期的に払い続けるものなので、少しでも安い方がいいでしょう。

中古車両の購入で更に費用を抑えられる

車を安く乗りたい方におすすめ出来る軽自動車ですが、中古車だと初期費用も抑えることが出来ます。少し走行距離が多く年式が古いだけで、数十万安くなります。更にお得に車を購入したい方は検討するといいでしょう。

お金を節約できる

軽自動車は、とにかくお金を節約することが出来るでしょう。短期間で考えても長期間で考えても同じです。普通乗用車には軽自動車にないメリットがありますが、毎年5万円以上のランニングコストが抑えられることを考えるととても魅力的です。用途にもよりますが、通勤や通学、2台目であれば軽自動車が最適と言えるでしょう。