ドライブレコーダーとは?役立つ場面や機能を確認しよう

便利なドライブレコーダーの活用方法を知ろう

ドライブレコーダーとは?役立つ場面や機能を確認しよう

レコーダー

ドライブレコーダーとは何か

ドライブレコーダーは、車に搭載して、音声や映像を自動で記録してくれる機械の事です。価格帯は、とても幅広く撮影できる映像と音声の質で変わります。質の高いものになればなるほど価格があがっていきます。最近では、バスやタクシーに多く導入されており認知度も高まっています。ドライブレコーダーはさまざまな価格帯の商品があるので、自分にあったものを探すことが出来るでしょう。

色々な場面で役立つ

ドライブレコーダーは、ただ映像や音声を記録しているだけですが、色々な場面で役立つことが出来ます。一番代表的なシチュエーションが、事故に巻き込まれてしまった時です。相手がもし事実とは違う証言をしていても、ドライブレコーダーに記録されている映像で真実を証明することが出来ます。交通事故の裁判ではドライブレコーダーの映像が証拠として使用されています。

犯人に繋がる情報を探せる

当て逃げなど、犯人が現場から消えることもあります。そんな時にドライブレコーダーがあれば、相手の特定に繋がる情報を映像から読み取ることが出来る可能性があります。車種や車のパーツ、上手くいけばナンバープレートが写っていることもあります。犯人を捕まえる情報が記録されていると、泣き寝入りすることがなくなります。

便利な機能

ドライブレコーダーの役立つ場面を紹介しましが、実は録画できるのは走行中だけではありません。駐車している時にも録画できるモードが搭載されているドライブレコーダーであれば、一つの監視カメラとして利用することも出来ます。

証拠になる

ドライブレコーダーを設置することで、一番大きなメリットは事故や事件などさまざまな場面で証拠となることです。道路は様々な危険が潜んでいるのでドライブレコーダーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。